中古本の買取、販売の仕事

中古本を買い取って販売する本屋もあります。通常の本屋は販売のみですが、買取の仕事もしなければなりませんので、結構大変な仕事だと思います。

 

買取査定の場合には、細かい規定はなく、その本の状態や古さなどから、一律にいくらという形で、買取をすることになりますので、ノウハウがそんなに必要なわけではないです。
しかし、買取った本を、再販できるように対応することや、陳列をしなければなりませんので、少し面倒だと思います。本は、購入してすぐに読んでから、売り出しをしても買取価格は飛躍的に安くなってしまいます。

 

ベストセラーや新刊で発売されて間もないような本でも、1冊300円程度で買い取ってもらえれば、十分なレベルではないでしょうか?

 

安く買取った本を、再販する際の価格設定には、ある程度のノウハウが必要になります。一定の基準はあると思うのですが、売れそうな本に対しては、高値の設定をしなければなりません。

 

ですから、本の再販価格については、従業員の方が行う場合が多いと思われます。買取価格があまりにも安いために、お客さんからクレームを受ける場合もありますので、嫌な思いをすることもあると思います。

 

ただし、もし買取条件が悪く、売りたくなければ、別の買取業者にお願いをしてもらえればそれで済むのですから、そんなに大きな問題になることは少ないと思われます。

 

中古の本屋さんで最も困るのは、売り場面積が決まっていますので、売れないような本をどのように再販するか?処分をするか?ということだと思います。

 

ですから、都度、売れない本を処分するなどの、仕事も必要になると思います。