本屋のアルバイトのマナー

本屋でアルバイトをする場合には、お客さんの客層を考えますと、派手な格好などで対応すべきではないです。当然、派手な化粧やマニキュアがあるような状態では、お客さんを不愉快にさせてしまうこともあると思います。

 

服装の場合には、エプロンのような制服が支給されることもあると思うので、良いのですが、本屋の場合には、特に派手な感じのする状態ではよろしくないと思います。

 

本屋のお客さんは、ざまざまですが、しっかりした人が多いと思います。特に文学書やマニュアル本などを購入されるお客さんは、派手なことを嫌うと思います。

 

また、接客の際にも、丁寧な対応をしなければなりません。本屋に限ったことではないのですが、しっかり接客をすることが求められます。言葉遣いはもちろん、お客さんが満足するような対応をしなければなりません。

 

本を求めにやってきて、どこにあるのかわからないような場合に、しっかりその本が置いてある場所を説明できる程度の知識は必要ですし、ある目的があって、本を探しているような人に、おススメの本を紹介するなどの対応ができればより良いです。

 

そして、新刊やベストセラーについての知識を深めて、なんらかの質問があった場合には、応えられるようにすることも必要だと思います。

 

男性の方は、髭をしっかり剃ることや、口臭などに気を付ける必要もあると思います。

 

男性の場合には、力仕事が必要になり、汗をかいたりすることも多いと思いますので、レジに立つ場合には着替えることや制汗剤などを利用することもマナーのひとつです。