本屋アルバイトの仕事内容

本屋でのアルバイトの仕事の内容はどのようなことでしょうか?

 

本屋のアルバイトは、レジ打ちや本の陳列、本の返品対応、そして接客対応などがあります。

 

レジでの仕事では、代金の受け取り業務や、本の予約の受付業務、また本のカバーをかける仕事や、伝票を作成する作業です。

 

陳列作業は入荷された本を検品して、書棚に並べます、付録が付いているような雑誌などはビニール袋や紐で閉じて書棚へ陳列をします。

 

また、特集コーナーや新刊コーナーなどを設けている場合がありますので、そのレイアウトを考えたりすることもあります。本の返品は、古くなった本や、売れない本、破損している本などを棚から撤去する仕事です。

 

大きな書店などでは、複数人の正社員やアルバイトの方が、上記の仕事を分担して行うことが多く、女性はレジ打ちなどを担当して、力仕事が必要な書棚の整理や返品などの場合には男性が担当することになります。

 

そして、大規模な書店の場合には、売り場ごとに担当者を設けている場合も多く、勤務期間の長いアルバイトは社員と同様の担当を任されることもあります。

 

個人経営の本屋では、アルバイトが全ての業務を引き受けることがあります。しかし、新刊本や在庫切れの書籍などの発注業務などは正社員が担当することになります。

 

そして、客商売の仕事ですので、しっかりと接客できるように、新刊書籍の案内や、在庫切れの本の発注などもしなければなりません。